転居に関する手続きいろいろ〜引越しするなら済ませておきたい〜

あとで読む

業者の場合の支払い

何らかのサービスを利用したのであれば、支払いが必要になります。
もっとも、有料であることが前提の話ですが、支払いをしなければ、サービスが使えないものもあり、まずは、支払いが重要になります。
もっとも、有料なものは、それが目的であり、収益の一部になっていることは、確かなことです。
引越しであっても、同じようなことが言えます。
業者を利用したのであれば、支払いをする必要があります。
まずは、タイミングになりますが、これは旧居から荷物をすべてトラックへ積んだ時点になります。
移動が目的であるので、新居へ運び終わってからと思ってしまいますが、依頼者は引越しの張本人でもあり、必ずしも新居で指示をするとは限りません。
当日行うべきこともあるため、もしかしたら、荷物が運び終わった時点には、いない可能性もあります。
したがって、荷物がトラックに運び終わった段階で、支払をするのが適切であるようです。
また、業者は、荷物に対しての料金を聴取します。
荷物がすべてトラックへ積んだとなれば、それで業者としての料金は、すべて含まれているとも解せます。
そのため、支払いが発生するとも言えるでしょう。
では、支払方法には、どのようなものがあるのでしょうか?
一般的には、現金払いとなっています。
業者の中には、クレジットカードなどを認めている可能性もありますが、数は少ないかもしれません。
特に、大手ではない引越し業者であれば、現金払いが基本であるようです。
したがって、念のための措置として、最低でも見積金額より多めのお金を現金で用意しておくべきでしょう。
Copyright (C)2017転居に関する手続きいろいろ〜引越しするなら済ませておきたい〜.All rights reserved.