転居に関する手続きいろいろ〜引越しするなら済ませておきたい〜

あとで読む

表札なども忘れない

どこの誰が住んでいるのかは、住まいの表札で理解できるでしょう。
戸建てはもちろん、アパートやマンションであっても、そういう表札が郵便受けなどにもあります。
しかし、引越しの際には、気を付けるべき点が種々あるようです。
たとえば、郵便受けなどに名前を残しておけば、自分宛の郵便物が、引越しの後に送られてくる可能性があります。
中には、重要なものがあったり、あるいは、個人情報に相当するようなものがあります。
そうなれば、次の住人に、個人情報が知られてしまう可能性があります。
今では、個人情報保護法が施行され、いたずらに公開されないようになっています。
むしろ、そうであるからこそ、自分でも自分の情報を守っていくことが、大切なのでしょう。
郵便受けばかりでなく、表札も個人情報の一種です。
したがって、引越し前にきちんと外しておくことが大切です。
しかし、友人知人などには、引越しの連絡をすることが、当然でしょう。
あるいは、何らかの重要なつながりがある人には、事前に知らせておくことが、通常でもあるかと思います。
しかし、それ以外でも、個人情報につながるようなものが、送られてくる可能性があります。
したがって、郵便の転送連絡なども、できるだけ早めにするのが、重要になります。
なお、マンションなどにおいては、表札のないものもあります。
また、郵便受けも部屋番号だけのケースもあります。
そういうところでは、表札を外す必要はないですが、郵便の転送サービス利用を忘れないようにすることは、大切です。
Copyright (C)2017転居に関する手続きいろいろ〜引越しするなら済ませておきたい〜.All rights reserved.