転居に関する手続きいろいろ〜引越しするなら済ませておきたい〜

あとで読む

家賃は一回で

賃貸において、大事なものは、家賃になるでしょう。
賃貸人からすれば、収入の一部になり、賃借人からすれば、住まいを維持するためのコストになります。
結局、不動産賃貸は、金銭関係のため、言ってしまえば、家賃が命綱ということです。
しかし、引越しとなると、家賃について、十分注意する必要があります。
たとえば、次の住まいが決まったとして、退去日を告げたとします。
予定では、その日に引越しできるはずだったのが、何らかの事情で延期となり、二週間先になってしまったとします。
そうなれば、旧居となるはずの賃貸住まいに対し、新たな家賃が発生します。
一般的には、退去予定日から一週間を経過すれば、新たな家賃が発生することになっています。
したがって、退去予定日については、きちんと守る必要があります。
新居については、契約時の時に前家賃を収めていれば、入居してから翌月から新たな家賃が発生します。
しかし、旧居で家賃が発生してしまえば、二重家賃となってしまうため、無駄なコストになってしまうでしょう。
もっとも、何らかの変更点がある時は、早めに告げることが重要です。
その場合には、変更連絡を忘れないようにするのが、大事でしょう。
なお、賃貸物件については、退去を告げるのは、予定日の一か月あるいは二か月前です。
電話ないしは退去通知書を使うようになります。
退去通知書については、契約時に白紙の書類を渡されることがあります。
FAXでも問題ないようですので、契約時の書類を再度確認することも、大切でしょう。

注目の引越し、きちんと整理されているこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2017転居に関する手続きいろいろ〜引越しするなら済ませておきたい〜.All rights reserved.